ウーマン

女性としての魅力を失わないように|ホルモン補充療法という方法

傷の残らないわきが治療

脇を見る女性

わきがの治療にはダウンタイムの少ないミラドライが人気ですが、成長が終わっていない若い人が施術を受けると汗腺が発達して再発することがあります。汗腺を取り去るわきが手術は体への負担が大きく、医師の腕によるところがありますが、ミラドライは痛みが少なく、ほぼ確実に汗腺を焼き切ることができます。

More Detail

魅力を保つため

女医

治療期間に注意

年をとるにつれて、女性の体では女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が少なくなっていきます。これにより女性の体からは、女性らしさが失われていきます。具体的には、乳房やお尻の丸みが少なくなって垂れてきたり、髪が抜けやすくなったりするのです。こういった、エストロゲン不足による美容面でのトラブルを防ぐために美容外科でおこなわれている治療が、ホルモン補充療法です。人工のエストロゲンを投与することで、女性としての魅力を保つという治療です。しかし、ホルモン補充療法を長期間続けていると、エストロゲンが活発に働くことによって乳房や子宮に負担がかかり、乳癌や子宮癌の発症率がわずかですが高まります。そのためホルモン補充療法を受ける期間は、5年以内にしておくことが肝心とされています。

安全性を高める工夫

ただし昨今のホルモン補充療法では、乳癌や子宮癌の発症率を上昇させないような工夫が凝らされるようになっています。具体的には、本物にきわめて近い状態に作ったエストロゲンが使われているのです。そのため、投与しても体への負担が少なく、その分乳癌や子宮癌の発症が抑えられます。また、人工のエストロゲンだけでなく、人工のプロゲステロンも投与されています。プロゲステロンもまた女性ホルモンの一種で、これにはエストロゲンの過剰な働きを抑制する力があります。そのため、投与によりやはり、体の負担が少なくなるわけです。このように安全性が高められていることから、ホルモン補充療法の需要は高くなってきています。そのため、女性らしい魅力を維持することを希望する多くの人が、積極的に受けるようになると考えられています。

様々な治療に特化している

女医と患者

大阪にある美容外科では痩身治療を施してもらうことも可能です。脂肪吸引などを選択することによって理想の体型を手に入れられます。美容外科で行える治療は外見だけに限定されません。なかにはワキガ治療を選択できる美容外科もありますので、足を運んでみましょう。

More Detail

効果のある方法

女性と注射器

心斎橋ではエステサロンや、美容整形外科などで、ヒアルロン酸の注入を行っています。施術時間も短く、効果がすぐに期待できます。シワやたるみなどのほかにも豊胸でも利用ができるので、若返りを手に入れることができます。

More Detail