微笑む女性

女性としての魅力を失わないように|ホルモン補充療法という方法

傷の残らないわきが治療

脇を見る女性

施術での注意点

わきがの対策に、ダウンタイムが少なく、傷跡が残らないミラドライが人気になっています。ミラドライは安全性の高い施術ですが、いくつか注意しなければならない点があります。まず、思春期が終わる成長段階でミラドライによる施術を受けた場合は、施術後に汗腺が発達することがあるため、わきがが再発する可能性があります。クリニックによっては、ミラドライによる施術は年齢制限を設けているところもあります。また、ミラドライはマイクロウェーブを使って汗腺を焼き切るため、高い熱エネルギーが発生するため脇に麻酔注射を多めにします。麻酔によってショック症状を起こしたことがある場合には注意が必要になるため、医師にその旨を必ず伝えるようにしてください。

切らないわきが手術

わきがは脇の汗腺のアポクリン腺およびエクリン腺があるため発生します。そのため、わきが治療を行っても汗腺が残っている場合は、再発する可能性が高くなります。汗腺を取り去るには皮膚を切除して、医師が目で確認しながら取り去る手術が行われてきましたが、体への負担が大きく、医師の腕が未熟な場合には汗腺を取りきることができず再発の危険性がありました。一方、ミラドライは汗腺にのみ反応するマイクロウェーブを当てることによって汗腺を焼き切ります。熱が発生しますが、表面を冷やしながら施術が行われるため、痛みや熱さをほとんど感じることがありません。ミラドライは研修を受けた医師であれば、ほとんど施術ミスがないわきがの治療方法です。